チェロのように

愛おしい瞬間について書いていきます。

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番

私が好きなクラッシック音楽にラフマニノフのピアノ協奏曲第2番があります。テレビや映画でよく流れている曲なので、ご存じの方が多いと思います。浅田真央選手がソチオリンピックのフリーで使用した曲でもあります。

 

この曲には深いいわれがあります。

 

ラフマニノフ交響曲第1番を作った際、その曲が批評家に酷評され一度再起不能になるほど落ち込みました。

 

悲嘆したラフマニノフは、その後精神科医ニコライ・ダーリ博士と会い、博士の治療を受けて再起し、ピアノ協奏曲第2番を作り上げました。この曲はダーリ博士に献呈されています。

 

週末、久しぶりにこの曲を聴きました。再生したラフマニノフの深い思いが詰まった曲です。美しく力強いメロディーが私を鼓舞してくれます。

 

youtu.be

 


f:id:cellonakama:20200919232122p:plain